貿易黒字と為替レートのバランス

一般的に、日本の輸出が増えて貿易収支の黒字が増えすぎると、外国為替市場でドルを外郭売却して円の外貨購入をする人が増えます。これにより、ドル/円レートはドル安・円高に傾いていきます。そしてドル表示の日本製品の輸出価格が上昇し、競争力が弱まるため輸出が減少して貿易収支は均衡が保たれます。これが単純な為替レートの変動による貿易収支の調整効果です。

しかし、実際に貿易収支と為替レートの関係を確認してみると、前述のようにシンプルにはいかないようです。中・長期的な観点から見れば、為替レートは貿易収支を調整するように動いているといえるでしょう。しかし、短期的には貿易収支の不均衡がさらに拡大するように動いてしまうこともあるそうです。

たとえば、日本の貿易黒字が増大した場合、円高でドル表示の輸出価格は上がります。しかし、輸出価格が上がっても、たちまち輸出数量が減っていくというわけではありません。したがって、輸出価格が上がっているため一時的には輸出額が増えるという考えが生まれます。

また、円高になると輸出業者は悪影響を受けることが考えられますので、経営の合理化を図ったり、製品に付加価値を付けたりするなどさまざまなアイディアを出して輸出数量が落ちないようにすることもあります。このような経過を経て、ある程度時間をかけて為替レートのバランスが取られていくということです。

こうした効果の現われ方を図にするとアルファベットの「U」の形に似ているため「Uカーブ効果と呼ばれているそうです。