円高について

円高とはどういうことをいうのでしょうか。それは外貨に対し円の価値が高くなることをいいます。為替相場というものは2つの通貨に対し、一方の通貨が高くなればもう一方の通貨が安くなるようになっています。なので、日本が円高になっているときは相手の通貨は安くなっていることになります。

よく米ドルに対して円〇ドル〇と耳にしますが、世界にはたくさんの通貨が存在していて、日本から見てドルに対し円高であってもユーロに対しては円安という場合もあるので、為替相場を見ることに慣れてきたら1対1の通貨で見ながら、他の国に対しても興味を持ってみると良いでしょう。そこで実効為替レートは全般的な円の強さが分かりやすい指標です。

2つの国でのさまざまな出来事が為替相場の変動する要因となり、特に金利の影響は大きいとされています。

円とドルとで見たとき、日本の金利の上昇で円の期待が持たれると、アメリカのドルを売り日本円を買いたいと動く人が増え円高になりやすくなるというわけです。

アメリカ国内で、テロや大きな自然災害などマイナス的な出来事が起こるとドルの魅力が下がってしまうので、相手の日本円の価値が上がり円高に繋がるということになります。

円高で恩恵を受けやすい人は、海外に行く人や現地で物を購入する人。また、これから外貨預金をはじめる人にとっては、円高のときに狙うのがチャンスです。売買が上手くいけば為替差益を得られる可能性もあります。逆にデメリットはというと、すでに外貨預金をしている人は円高が進行すると為替差損が出てしまう可能性も出てしまう恐れもあるのです。

外貨預金に関わっている人は円高を恐れてしまいがちですが、為替相場は円高と円安を繰り返し変動するので、円高がずっと続くことは考えづらいです。なので、タイミングをよく見てチャンスを見つけましょう。